オイル切れ、そしてエンジン焼き付き
3KJにお乗りのAさんより電話がありました。
Aさん「走っている途中エンジンが止まってしまい、その後かけてもすぐ止まります。」
JOG工場「ガソリンは入っていますか?」
Aさん「入ってます。」
JOG工場「オイルは切らしていないですか?」
Aさん「ランプは少し前から点いていたんですが、入れよう、入れようと思って、まだ入れてません。」

こういうことって結構多いんです。
オイル警告灯が点いたばかりは、すぐに入れようと思うのですが、
すぐに入れないと警告ランプを見慣れてしまうんです。

今回の話はまだ続きがあります。
なんとAさんはオートルーブを持っていました。
オイルを入れようと思い買って来たそうです。
焼き付いたエンジンは、もちろん修理しないといけませんが、
なんとか応急処置で自宅までたどり着く必要があります。
本来であれば、オイルタンクにオイルを補充したあと、
オイルポンプのエア抜きをするのですが、工具も持っていませんでしたので、
次のようにアドバイスしました。

JOG工場「エンジンはかかるんですね?」
Aさん「かかってすぐ止まります」
JOG工場「ガソリンのキャップを開けて下さい。タンクにガソリンはどれくらい
残っていますか?」
Aさん「ほとんど上近くまであります。」
JOG工場「オイルを上まで入れてキャップをしてから、ブレーキを握り前後に
バイクをゆすって下さい。エンジンをかけて、すぐ止まってもいいですから、
止まったらかけるを繰り返して下さい。」

いわゆる混合ガソリンです。
最初のうちはすぐに止まりますが、繰り返しているうちに、止まるまでの時間が
少しづつ長くなります。
やがてエンジンが止まらなくなったら、Aさんはゆっくり走って家まで帰りました。
ちなみにAさんの3KJは、シリンダーとピストンの交換をしました。


広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー