バイク始動不可(土蜂事件)

Oさんから電話がありました。

「きのうは普通に走っていたのに、エンジンがかからないんですけど・・・」

OさんのバイクはJOGポシェ(3KJ)、セルは勢いよく回るけどかからない。

セルを回しながら、マフラーの出口に手をかざすと排圧が無い!

ピン!ときました。

犯人は土蜂です。

土蜂がマフラーのテールパイプに入り込み、土でできたふたを作っていました。

マフラーが完全に塞がれていますので、エンジンはかからないわけです。

ブレーキケーブルを切断して束ねたもので、がんがん掃除しました。

セル1発でエンジン始動です。

JOGは蘇りました。

 

土蜂がマフラーの出口を塞ぐのは珍しいことではありません。

私自身、今まで10台以上見ています。

中にはころころ太った生きた幼虫が飛び出して来たこともあります。

初めてその光景を見た時はパニックでした。(笑)

 

キーをオフにした状態でキックして、マフラーからどれくらいの排圧があるか覚えておくといいです。

弱いとか無い場合、なにかしらのトラブルが発生しています。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー